入学式の先輩からのアドバイス その2

T.Nくん(ラサール高校卒)九州大学 医学部医学科一年生

昨年度、九州大学医学部医学科に合格しました、ラ・サール高校出身のT.Nです。

まずは、この北九州予備校に入学おめでとうございます。何もめでたくないと思う人が大半かもしれませんが、それは違います。ここ北九州予備校は受験生の可能性を広げ、夢を叶える場所です。微力ではありますが、皆様の夢に近づく一助となり、これから始まる浪人生活が有意義なものとなるための話を今日はさせていただきたいと思います。

初めに、これから浪人することを恥じる必要はありません。浪人生活は決して楽なものではありません。その中で自分は何をしているんだと思う日がくると思います。確かに現役で合格した人たちと比べて、一年大学に入ることが遅れてしまうことにはなります。しかし、長い人生から見れば一年というのは物の数ではないはずです。この一年で皆様は人として深みが増し、人として成長することができます。現役で行っていたら味わうことのできなかったかけがえのないものです。さらに、皆様が来年の春、見事合格を手にしたとき、人生で一番と思える本当の喜びを味わうことができることは間違いありません。そして、私の父も私の受験番号を見つけたとき、本当に喜んでいました。皆様も是非保護者の方々に同じ気持ちを味わわせてあげてください。それが今年一年間苦労をかけてしまう保護者に対する最大の恩返しです。これ以上の恩返しはありません。

次に、自分の行きたいと今考えている大学よりも上のレベルを常に意識して勉強して下さい。ちょうど一年前のこの入学式のとき、私も皆様と同じようにその場所に座っていました。もちろんその時の第一志望校は九大医学部でした。しかしこれは恐らく誰も知らなかったことでしょうが、実は昨年度私はひそかに大阪大学医学部という目標を立て、実際に行こうと考えたこともあります。最終的には今までの第一志望を受けましたが、そのおかげか、私はもう伸びないだろうと思っていた得意な数学で、これは点数じゃないのかと思えるほどの偏差値を出すに至り、第一志望校に無事合格できました。限界を決めていたのは自分だったのです。ここで一つお聞きしたいのですが、皆様は限界の先には何があると思いますか。私が辿り着いた答え、それは『次の限界』です。人間の可能性は無限大であることをこの北九州予備校で学ぶことができました。限界を決めることは決して間違ったことではありません。しかしその限界は絶対に突破してみてください。まだ見ぬ世界が見られます。

最後によくある勉強に関する質問について話しておきたいと思います。一つ目に、どうすれば成績が伸びるのかということ。成績を伸ばすには、当たり前のことを当たり前にやることです。言うのは簡単ですが、これを達成するのはなかなか難しいことです。何をすれば良いか分からないとき、与えられているものを徹底的にやりましょう。それだけで十分です。二つ目に、志望校の赤本をいつから始めれば良いのかということ。私の考えでは、赤本で成績が伸びることはあまりないと思っており、赤本というものは志望校の特性を分析し、その対策をするために何をやるべきかを知るためのものだと思います。ですのでいつやるかは皆様一人一人が自分の今の状況に合わせてやっていただければ良いと思います。基礎が固まってきたなと感じたあたりで一度やってみるのが良いでしょう。また、志望校よりも少し上のレベルの同じような出題形式の赤本、例を出すと九大を受験するのであれば東北大学の赤本を解いてみるのも、本番で難易度が上がったときに対処する助けになると思います。三つ目に、北予備以外の教材をやらなくても良いかということ。私はやる必要はないと思います。予備校というものは皆様を合格させるべく、研究に研究を重ね、最高の教材を作り上げています。それを身につけてしまえば恐いものなどないと思います。それでも不安だから何かやりたいと考えたときには、自分の苦手な分野を集めたものをやってみるのであるならば負担にはならないと思います。今度一年間はすべて完璧であろうとすることは避けましょう。それでは一年では到底足りません。完璧であるのではなく、自分に求められていること、ただそれだけをやりましょう。

長々と話をしてきましたが、この話をどう解釈するかは皆様それぞれにかかっています。一つの意見に縛られることなく、色々な見方から見ることも忘れないでください。皆様に来年の春、桜が咲くことを心から願っています。ご清聴ありがとうございました。

入学式

本日は北九州予備校博多駅校の入学式でした。

厳格な校風にふさわしく厳かな空気の中で、今年度入学された方は気持ちを新たにしていただけたと思います。

入学式の中では、今年度見事合格を果たした卒業生がアドバイスをしてくれました。そちらの原稿を以下に掲載します。これから受験生生活を迎える方に何かの手助けになればと思います。

Y.Kくん(西南学院高校出身) 九州大学医学部医学科 一年生
九州大学医学部医学科一年のKです。昨年一年間北予備の博多駅校に通学生としてお世話になりました。今日は、一年の北予備での浪人生活を振り返って、いくつかアドバイスをしたいと思うので、少しでも心に留めていただければと思います。
まず、北予備の生活面についてです。予備校での生活がどんなものなのか不安に思っている方も多いと思います。一年前の私も、全く想像がつかず、不安に駆られていたことを覚えています。北予備は文理、そしてレベルごとにクラスが分けられるのですが、どのクラスにも共通して見られる雰囲気があります。それは、一言でいえば「学校感」です。各クラスを、チューター及びサブチューターの方が担任し、5、60人の生徒が一緒になって授業を受ける。といった感じです。正に、高校四年生という言葉がぴったりと当てはまると思います。なかには、勉強だけに集中したいから友達なんて作るつもりはない。と考えている方もいると思います。しかし、私は、勉強に集中するために友達を作るべきだと思います。これから一年間浪人生活を送る上で、常に順風満帆にいく人はなかなかいないと思います。成績の浮き沈みや、モチベーションの低下など様々な困難にぶつかったとき、相談相手になってくれる人や、努力している姿を見せてくれて、自分を奮起させてくれる人が身近にいるのといけないのとでは、大きく違ってきます。
北予備では、学力的にレベルの近い人が同じクラスに配属されるので、互いに影響しやすいと思います。他の予備校では、出身高校が違う人と話したりすることがほとんど無いと聞いたので、この「学校感」は、北予備を選んだ大きなメリットの一つといえると思います。真面目な話が続いたので、少し軽い話をしたいと思います。予備校での恋愛についてですが、講師の方が雑談でおっしゃっていたことによると、たいていの場合、カップルのうち、女性は成功して、男性が失敗することが多いとのことなので、特に男性のみなさんは気をつけたほうが良いのではないでしょうか。悩みの種を増やさないためにも、恋愛は控えた方が良いのかなと個人的には思います。
次に、勉強面について、センター試験対策と二次試験対策とそれぞれについて私が意識していたことを話していこうと思います。
まず、センター試験について、北予備名物、朝テストが毎日実施されます。たった数十分ですが、毎日センター形式のものに触れられることは、時間感覚が命のセンター試験の力がサビつかないようにするために有効です。私は、毎回のテストをやりっぱなしにするのではなく、どこをどのように間違えたのかを、その場でメモするようにして、センター試験や本番の直前にはそのメモを見返すようにしていました。4月から12月まで約9ヶ月、約270日積み重ねたメモは本番での落ち着きや自信、そして結果にもつながりました。センター試験対策は直前の講習会までは、通期の授業のセンター国語とセンター地理、朝テスト以外には特にしませんでした。
次に二次試験対策についてです。北予備では、午前中に国数英の授業がクラスごとに行われ、午後は選択制で、理科系や社会系、一部国数英の授業を受けます。ここで重要なのは、これらの予習復習をこなすだけにならないようにすることです。初めは意欲的に授業に参加していても、人間はどうしても慣れていくうちに、ただ要領よくこなしてやろうという意識が働いてきます。そうならないために、毎回の予習復習の方法を始めに確立してしまうと良いと思います。一例として私が数学でやっていたことを紹介したいと思います。九大は数学の大問一つにかけられる時間が単純計算で30分までだったので、予習時も時間を測って解いていました。加えて、思考する力も養うために、時間内に解き終わらなくても、自分が解けるところまでは考え抜くように同じように各科目で時間を意識して予習することで、ただ漫然と勉強することを防いでいきました。
勉強面について最後に、センター試験と二次試験両方の勉強に共通していえることを三つ言って私の話を終わろうと思います。
一つ目は、基礎を徹底することです。まずはプライドを捨てて、教科書を読み、定義や文法など、各教科の基盤を固めることを強くおすすめします。
二つ目は、一貫することです。志望校については、強い意志が努力する原動力になります。また、問題集や参考書も、あれこれと手を出さず、まずは、北予備のテキストだけを極めるべきだと思います。
三つ目は、講師の方々を信頼することです。博多駅校には素晴らしい講師の方々が集まります。授業はもちろんのこと、北予備では、板書や質問対応など直接講師の方々に頼れる場があるので大いに活用してください。
最後になりますが、一年後、無事志望校に合格して、みなさんの「努力が実る」ことを願っております。
ご清聴ありがとうございました。